月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2016年2月号(第13巻第2号)
The Lawyers A4変形判 88ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから


特 集

Law未来の会 シンポジウム
現役弁護士が司法試験問題(憲法)を解いてみた
−現行司法試験で受験生の適正をどこまで計れるか−

      • シンポジウム開催の趣旨内容
        受験生のどういう能力をはかりたいのかわからない現在の司法試験憲法問題
        教育現場からの実感。統治機構論への注目度が弱まっている法科大学院
        日本の弁護士が国民の役に立たない原因は司法試験の阿呆さ加減にあり
        リーガルセンスがあれば答えられる程度でいいのではないか
        司法試験憲法問題採点結果をめぐるパネルディスカッション
        司法試験制度をめぐり火花の散った質疑応答


    資料(定点観測)
    日本の100大事務所と68期採用人数

    好 評 連 載

    インド特許法インド特許の基礎と最新情報〈新連載〉
     河野特許事務所 安田 恵
     第1回 近時のパーソナルデータに関する事例


    随筆 パワー・オブ・アトーニー
     弁護士 牛島信
     
    第133回 本に淫した年末年始に分かったこと
      ガバナンスは必然的に倫理を要請するということ

    英文国際取引契約レビュー入門講座
     青山学院大学法科大学院教授 浜辺陽一郎
     第195回 「重要な悪影響」条項(その15)
      MAE等に関する裁判例の分析と傾向(中の1)

    北京ロースクールレポート偏東風
     桃尾・松尾・難波法律事務所 松尾剛行
     第29回 監査役員:日・中・独三国比較

    企業による行政訴訟の実践
     共栄法律事務所 濱 和哲
     第9回 
    取消訴訟・差止訴訟・確認訴訟の活用事例(1)

    随想 「甘え」が日本を滅ぼす
     金子博人法律事務所 金子博人
     第73回 財政破綻は回避できるか?(その9)
      第4次産業革命(インダストリー4.0)は、日本で
      成功するか?(その1)


    CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
     ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
     クリストファー・J・ギャスパー、ステファニー・アモロソ
     協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、木村秀二
     ※今号で取り上げた判例はこちら

    随想 テスティモニー〈拡大版〉
     日比谷パーク法律事務所 久保利英明
     第103回 四分五裂する法曹人口問題

    【実務解説】データの流通/管理/事故
     弁護士法人内田・鮫島法律事務所 久礼美紀子
     第3回 改正個人情報保護法の骨子


    随想 クロス エグザミネイション
     フレッシュフィールズブルックハウスデリンガー法律事務所
     岡田和樹
     第5回 司法試験は何のためにあるのか?
      −憲法問題「不合格」の弁−

    アジアにおけるM&A成功のためのストラテジー
     ポールヘイスティングス法律事務所外国法共同事業
     ティモシー・A・マキ、アシュリー・ウィントン
     第11回 クロスボーダー
    M&Aにおける雇用・労働問題

    本誌の購読をご希望の方コチラ