月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2015年6月号(第12巻第6号)
The Lawyers A4変形判 96ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから


特 集
主要技術分野における特許戦略の潮流

インターネットサービス
プレイヤーの多様化と急速なグローバル化の中で自社の優位性を特許で確保するために
TMI総合法律事務所 柴野相雄伊藤健太郎

バイオテクノロジー
特許戦略上重要な発明の特定、優先権制度および延長登録制度
山本特許法律事務所 草深充彦

アグリケミカル(農薬)
特許延長のもう一つの側面
大型殺虫剤フルベンジアミドとクロラントラニリプロールの特許戦略
並びに特許権の存続期間延長登録出願について

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 五味渕琢也

再生可能エネルギー
日本企業はコア技術に関する国際出願の促進を。そのための基礎研究への投資も重要
弁護士法人淀屋橋・山上合同 野中啓孝

ロボティクス・人工知能(AI)
技術利用場面の多様化・拡大に対応する各種規制の動向を見ながら柔軟に変化することが求められる特許戦略
伊藤見富法律事務所 金子晋輔
大塚国際特許事務所 大塚康弘


--- 特別企画 ---
Law未来の会セミナー
ロースクールと法曹の未来を創る会

司法試験をテストする
--- 司法試験は正しく機能しているか ---

好 評 連 載

企業による行政訴訟の実践《新連載》
 共栄法律事務所 水野武夫/濱 和哲
 第1回 
行政事件訴訟法の改正経緯

北京ロースクールレポート偏東風
 桃尾・松尾・難波法律事務所 松尾剛行
 第21回 中国のインハウスカウンセルという仕事

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、ジャビエール・J・ラモス
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、高柳司郎
 ※今号で取り上げた判例はこちら

早わかり中国特許
 河野特許事務所 河野英仁
 第49回 
中国第4次専利法改正案のポイント(第1回)

随想 「甘え」が日本を滅ぼす
 金子博人法律事務所 金子博人
 第65回 財政破綻は回避できるか?(その1)

アジアにおけるM&A成功のためのストラテジー
 ポールヘイスティングス法律事務所外国法共同事業
 ティモシー・A・マキ
 第8回 
売り手、買い手双方から見た秘密保持契約の扱い


随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島信
 
第125回 「占領期派宣言」。米国型の歴史観受容は日本の
  欺瞞か。新コーポレートガバナンスに答えがある


英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院教授 浜辺陽一郎
 第187回 「重要な悪影響」条項(その7)
  除外事由の定めが意味すること


随想 テスティモニー
 日比谷パーク法律事務所 久保利英明
 第95回 法科大学院改革混迷の原因と責任

本誌の購読をご希望の方コチラ