月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2013年4月号(第10巻第4号)
The Lawyers A4変形判 96ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから

特 集
米国ビジネス法務問題アップデイト

〈雇用・労働法〉
使用者は労働者を自由に解雇できる米国だが実際には変容する随意的雇用の原則
ビンガム・マカッチェン・ムラセ外国法事務弁護士事務所
坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業) 鼎博之

〈M&A〉
米国におけるM&Aおよび投資に影響を及ぼす最近の動向
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 ピヤセナ・シー・ペレラ/伊藤直子

〈内部告発〉
内部告発者が内部告発の見返りとして多額の報奨金を受け取る時代
米国における内部告発のリスクと対応
ビンガム・マカッチェン・ムラセ外国法事務弁護士事務所
坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業) 村瀬悟飯塚陽

〈知的財産権〉
パテント・アサーション・エンティティ(いわゆるパテント・トロール)から
権利行使を受けるリスクについて

三宅・山崎法律事務所 酒迎明洋

〈JOBS法〉
成長企業の資本調達・雇用創出を支援するJOBS法。その制定の意義と背景
ディーエルエイ・パイパー東京パートナーシップ外国法共同事業法律事務所
石田雅彦鵜澤圭太郎

〈不正行為への対応〉
米国における不正行為発覚時の初動対応
企業が最初の48時間にすべきこと
ピルズベリー・ウィンスロップ・ショー・ピットマン法律事務所 秋山真也
西村あさひ法律事務所 山田将之

〈反トラスト法〉
カルテル・合併規制をめぐる米国競争法の近時の展開
シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所
ジョーゼフ・F・ウェイランドマシュー・J・ライリー隈元則孝

〈米国海外腐敗行為防止法〉
米国海外腐敗行為防止法(FCPA)によるリスクと対応策
あさひ法律事務所 山岸和彦
セミナー訪問(新連載・不定期)
第1回 アンダーソン・毛利・友常法律事務所
金商法違反の実務対応を、実例を交えて明確に解説
特別レポート
シンガポール、上海、名古屋にオフィスの新設を決定した
アンダーソン・毛利・友常法律事務所
アジア進出企業に対する直接支援を可能にする体制構築をめざす

好 評 連 載

英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院教授 浜辺陽一郎
 第162回 表明保証条項〈各論〉(その9)
      会社関連文書の存在と有効性

随想 海外からの遠眼鏡
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第76回 ケインズもびっくり、アベノミクスの不思議
     TPP交渉参加表明で円安のお墨付きを得た?

随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島信
 
第100回 他人のために尽くすという感覚はどこへ?
   日本人であることの世界史的な使命を考えてみた

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、シュラー・K・バルース
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、高柳司郎
 ※今号で取り上げた判例はこちら

随想 テスティモニー
 桃尾・松尾・難波法律事務所 松尾眞
 第70回 中国について考える その6
     農民工は動乱の主体となるか?

アメリカン・プリンシプル
 クイン・エマニュエル外国法事務弁護士事務所
         ライアン・ゴールドスティン

 第35回 米国特許法改正における複数被告の併合
     空騒ぎに終わるのか(前編)

早わかり中国特許
 河野特許事務所 河野英仁
 第24回 
無効宣告請求と行政訴訟

随想 「甘え」が日本を滅ぼす
 金子博人法律事務所 金子博人
 第40回 ムラ型資本主義からサムライ型資本主義へ

世界的大競争時代の中で健闘する特許事務所
 第4回 伊東国際特許事務所
 高品質かつコスト削減に繋がるハイレベルのサービスで
 業績伸ばす

本誌の購読をご希望の方コチラ