月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2013年1月号(第10巻第1号)
The Lawyers A4変形判 106ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから

新 春 特 別 対 談

アンダーソン・毛利・友常法律事務所 川村 明氏
vs.
中本総合法律事務所 中本和洋氏

日本の司法の活性化のキーワードは「損害賠償制度の改革で損害賠償算定ルールの創設」
「違法収益の剥奪」「違法行為を抑止する損害賠償」
−裁判をダイナミックな正義実現のシステムに!

特 集
企業を守るための分野別法務問題最新傾向

日本的コーポレート・ガバナンスへの期待
オリンパス事件を契機として
監査役制度を実質的に機能させればコーポレート・ガバナンスの確立は可能
牛島総合法律事務所 牛島信

グローバル競争の鍵となるメンタルヘルス対策
牛島総合法律事務所 小島健一


アメリカ連邦海外腐敗行為防止法
米国当局が海外腐敗行為防止法のガイダンスを公表
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 甲斐淑浩

反社会的勢力の要求に応じると企業は「被害者」ではなく「資金提供者」になる
共栄法律事務所 木村圭二郎藤内健吉

税務訴訟における最新の傾向と対処法
上昇する税訴訟件数や勝訴率にくわえ出始めた「画期的な最高裁判決」
鳥飼総合法律事務所 鳥飼重和木山泰嗣

AIJ事件を契機として見直されるべき企業年金制度
改正の方向性とその留意点
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 山田貴彦

優越的地位の濫用に関する留意点
相手方の自由かつ自主的な判断に基づかない不当な不利益を与える行為に注意
牛島総合法律事務所 川村宜志

最近の最高裁のビジネス紛争に関する判断傾向概観
紛争解決手段としての訴訟・仲裁は本当に役立っているか
牛島総合法律事務所 井上治

労働相談の実績に基づく労働法改正への対応アドバイス
石嵜・山中総合法律事務所 山中健児
《新シリーズ》
世界的大競争時代の中で健闘する特許事務所
第1回 山本秀策特許事務所
弁護士である子息の山本健策氏との共同作業による
さらなる発展の段階を迎えた「山本秀策特許事務所」
特別連載
米国知財訴訟における勝訴のポイント
第9回 証拠開示手続 I(総論)
DLAパイパー法律事務所
S・ルービッツ/R・デボード/ヘンリー幸田

好 評 連 載

早わかり中国特許
 河野特許事務所 河野英仁
 第21回 
復審請求

随想 テスティモニー
 日比谷パーク法律事務所 久保利英明
 第67回 「法科大学院をつぶすな、
      つぶすなら法学部をつぶせ」

闘う法務マン
 第12回 持株会社グループの法務部として日常の法律相談
     から契約審査・交渉、訴訟までを担う
 旭化成株式会社 下平高志さん

英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院教授 浜辺陽一郎
 第159回 表明保証条項〈各論〉(その6)
      訴訟・紛争等の不存在

随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島信
 
第97回 フランスの古き良き日々に生きた椿姫のモデル
     新しい女性社会においてオペラという姿で見せる
     女たちの愛と悲しみ

アメリカン・プリンシプル
 クイン・エマニュエル外国法事務弁護士事務所
         ライアン・ゴールドスティン

 第32回 連邦巡回控訴裁判所(CAFC)が提示した故意に
     よる侵害の証明についての新しいルール


随想 「甘え」が日本を滅ぼす
 金子博人法律事務所 金子博人
 第37回 なぜ日本は高度福祉社会になれないのか

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、ジャビエール・ラモス
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、高柳司郎
 ※今号で取り上げた判例はこちら

随想 海外からの遠眼鏡
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第73回 卒塔婆に血を塗ったから洪水が起きたのか
     インフレターゲットでデフレ脱却は可能か

本誌の購読をご希望の方コチラ