月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2011年8月号(第8巻第8号)☆創刊7周年記念号
The Lawyers A4変形判 96ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから

特 集
ビジネス訴訟で活躍する元裁判官

法律事務所トップに訊く、元裁判官を雇う理由とその効果

法律から入る裁判官と事実から入る弁護士の見方により立体的な考え方を示す
桃尾・松尾・難波法律事務所 大谷禎男氏


バランスの取れた考え方に弁護士から「セカンド・オピニオン」を求められる立場に
西村あさひ法律事務所 鬼頭季郎氏

40年にわたり、国際化の時代を生きた弁護士としてその一言一言にある言葉の重み
弁護士法人松尾綜合法律事務所 小杉丈夫氏


光る元知財高裁裁判長のポジション。判事時代の知見を若手弁護士からの相談に生かす
TMI総合法律事務所 塚原朋一氏

裁判官としての多彩な経験や長年の識見が若手弁護士育成の大きな栄養源に
田辺総合法律事務所 藤田耕三氏


「判検交流」後弁護士に、法曹三者のすべてにわたる体験を若手育成に
シティユーワ法律事務所 政木道夫氏

バランスの取れた考え方に弁護士から「セカンド・オピニオン」を求められる立場に
日比谷パーク法律事務所 松山 遙氏


裁判官生活30年のうち17年間は東京地裁知的財産部総括判事や知財高裁判事等として
長島・大野・常松法律事務所 三村量一氏

国際的視野と裁判官経験を生かしてビジネス法務に取り組む
坂井・三村・相澤法律事務所(外国法共同事業) 山田 篤氏


《元裁判官弁護士list》

新 企 画
ザ・サクセスフル・ローヤー 一流弁護士が語るサクセスの源泉
第1回 牛島 信弁護士(牛島総合法律事務所)
弁護士としては完璧なサービスを
小説家としてはいずれ「舞姫異聞」を
特別寄稿
ハーグ条約の批准と国際家事調停の重要性
小原法律特許事務所 小原 望

好 評 連 載

随想「甘え」が日本を滅ぼすどうすれば強い日本を作れるのか
 金子博人法律事務所 金子博人
 第20回 国民を子供扱いする日本という国や社会

中国ビジネス・ローの最新実務Q&A
 黒田法律事務所 安江義成、竹田昌史
 第124回 中国における製品品質を巡る問題(1)

随想 テスティモニー
 桃尾・松尾・難波法律事務所 松尾 眞
 第51回 私論 日本リーガルサービス業論(XIV)
     弁護士業界は疲弊しているか?

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、ジェイムス・R・クレイバー
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、大塚康弘
 ※今号で取り上げた判例はこちら

随想 海外からの遠眼鏡 このおかしな日本の風景
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第56回 特許出願件数減り続ける日本と大きく伸びる中国
     減少に歯止めをかけるために仮出願制度を

随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島 信
 
第80回 自らの運命を他人に支配される「平和の毒」
     国が崩壊する前に日本人の誇りは取り戻せるのか

英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院教授 浜辺陽一郎
 第143回 競業避止義務を確保するための付随条項(前半)

弁護士とゴルフ−ボビー・ジョーンズへの憧憬ー
 小原法律特許事務所 小原 望
 第12回 オーガスタ ナショナル ゴルフ クラブ

早わかり中国特許特許の基礎と最新情報
 河野特許事務所 河野英仁
 第4回 特許を受けることができる発明とソフトウェア特許

随想トップ・リティゲーターによるアメリカン・プリンシプル
 クイン・エマニュエル法律事務所 ライアン・ゴールドスティン
 第15回 米国・海外腐敗行為防止法(FCPA)最新情報

本誌の購読をご希望の方コチラ
過去の掲載内容
(準備中)
2009年1月号の内容へ 2010年1月号の内容へ 2011年1月号の内容へ
2009年2月号の内容へ 2010年2月号の内容へ 2011年2月号の内容へ
2009年3月号の内容へ 2010年3月号の内容へ 2011年3月号の内容へ
2009年4月号の内容へ 2010年4月号の内容へ 2011年4月号の内容へ
2009年5月号の内容へ 2010年5月号の内容へ 2011年5月号の内容へ
2009年6月号の内容へ 2010年6月号の内容へ 2011年6月号の内容へ
2009年7月号の内容へ 2010年7月号の内容へ 2011年7月号の内容へ
2009年8月号の内容へ 2010年8月号の内容へ
2009年9月号の内容へ 2010年9月号の内容へ
2009年10月号の内容へ 2010年10月号の内容へ
2009年11月号の内容へ 2010年11月号の内容へ
2009年12月号の内容へ 2010年12月号の内容へ