月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2011年5月号(第8巻第5号)
The Lawyers A4変形判 90ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから

東日本大震災関連特別企画
大災害と弁護士


プロボノ新時代を拓く
TMIの震災被災地での無料相談所開設

緊急投稿
この未曾有の大災害に際して弁護士は何ができるか
弁護士法人岩手銀河法律事務所 大船渡事務所 川見哲一

特 集
すべてのステークホルダーにとって最善の企業再生スキームを模索する

日本航空、アイフル等大型案件で利用された事業再生ADR手続の概要と今後の課題
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 前山信之

私的整理と法的整理における企業及びステークホルダーの取り扱いやその行く末
きっかわ法律事務所 野城大介・神原 浩


管財人の経験を通じて感じた望ましい企業再生のあり方
色川法律事務所 森 恵一

経営破綻における経営者の法的責任の問われ方の最新傾向
厳格化し透明化の要請も一層強まる経営責任追及
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 岩崎通也


経営破綻時における労働者の処遇
東日本大震災による雇用悪化を含めた対策
東京青山・青木・狛法律事務所
べーカー&マッケンジー外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業) 阿部信一郎

《資料・企業再生に強い弁護士リスト》

特別レポート
オリック東京法律事務所・外国法共同事業 高取芳宏弁護士に聞く
知的財産最新判決とその意義
商標権侵害の外国法による損害賠償認定
海外偽造事件を戦う日本企業の大きな武器に

《新連載》早わかり中国特許特許の基礎と最新情報
 河野特許事務所 河野英仁
 第1回 中国特許の基本的枠組み
著名人が信頼する弁護士について語る
マイ・ローヤー
第6回 株式会社小森コーポレーション 持田 訓氏
黒田法律事務所 黒田健二氏
日・英・米の三国での特許訴訟に完勝
依頼者の最優先事項に沿う解決策を提示

好 評 連 載

随想 海外からの遠眼鏡 このおかしな日本の風景
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第53回 大震災を奇貨として日本人の質の向上を目指せ
     善意や憐れみだけでなく、損得で経済を誘導すべき

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、ジョーダン・マーカム
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、大塚康弘
 ※今号で取り上げた判例はこちら

随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島 信
 
第77回 震災被害者にとって私のしていることの意味
     いま、ここで、こんなことをしていて良いのかという自問

中国ビジネス・ローの最新実務Q&A
 黒田法律事務所 萱野純子、竹田昌史
 第121回 日本企業の中国における事業再編(1)
      −現地法人の独資化−

随想「甘え」が日本を滅ぼすどうすれば強い日本を作れるのか
 金子博人法律事務所 金子博人
 第17回 組織防衛がすべてに優先する「和」社会

随想トップ・リティゲーターによるアメリカン・プリンシプル
 クイン・エマニュエル法律事務所 ライアン・ゴールドスティン
 第12回 東日本大震災の影響に直面している日本企業の皆様へ
     考察 災害下における速やかな法的対応

英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院教授 浜辺陽一郎
 第140回 競業避止条項(その15)損害賠償額の予定

随想 テスティモニー
 日比谷パーク法律事務所 久保利英明
 第48回 「取締役の責任」から見た想定外危機の発生と危機管理
     −東日本大震災に見る東電の苦境−

弁護士とゴルフ−ボビー・ジョーンズへの憧憬ー
 小原法律特許事務所 小原 望
 第9回 グランドスラム(Grand Slam)その2

本誌の購読をご希望の方コチラ
過去の掲載内容
(準備中)
2009年1月号の内容へ 2010年1月号の内容へ 2011年1月号の内容へ
2009年2月号の内容へ 2010年2月号の内容へ 2011年2月号の内容へ
2009年3月号の内容へ 2010年3月号の内容へ 2011年3月号の内容へ
2009年4月号の内容へ 2010年4月号の内容へ 2011年4月号の内容へ
2009年5月号の内容へ 2010年5月号の内容へ
2009年6月号の内容へ 2010年6月号の内容へ
2009年7月号の内容へ 2010年7月号の内容へ
2009年8月号の内容へ 2010年8月号の内容へ
2009年9月号の内容へ 2010年9月号の内容へ
2009年10月号の内容へ 2010年10月号の内容へ
2009年11月号の内容へ 2010年11月号の内容へ
2009年12月号の内容へ 2010年12月号の内容へ