月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2010年 4月号(第 7巻第 4号)
The Lawyers A4変形判 78ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから

特 集
2010年のビジネス法務展望

《社内犯罪》今後多発する可能性のある社内犯罪への対処
アンダーソン・毛利・友常法律事務所 甲斐淑浩

《金融規制》平成22年以降に改正・施行または、今後施行予定の金融規制に関する法制度の改正と実務上の影響
弁護士法人三宅法律事務所 渡邉雅之

《中国ビジネス》中国ビジネスにおいて転換が迫られる中での中外合弁企業の撤退方法に関する法的検討
西村あさひ法律事務所 甲斐史朗/尹 秀鍾

《訴訟》これからの訴訟のあり方と増大する訴訟リスクに対する対応策
牛島総合法律事務所 牛島 信

《独禁法》独占禁止法の各分野における傾向と対策(私見)
長島・大野・常松法律事務所 渡辺惠理子

強力連載陣

随想「甘え」が日本を滅ぼすどうすれば強い日本を作れるのか
 金子博人法律事務所 金子博人
 第四回 中国社会は欧米より遠い存在

随想 テスティモニー
 桃尾・松尾・難波法律事務所 松尾 眞
 私論 日本リーガルサービス業論(VI)

英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院教授/浜辺陽一郎
 第128回 競業避止条項(その3)時間的制約と地理的制約

随想 海外からの遠眼鏡 このおかしな日本の風景
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第41回 貧しいながらも日々よくなる生活に希望の笑顔に満ちた中国。
     日々悪くなる生活に庶民が喘いでいる日本

特許事務所経営学
 正林国際特許商標事務所 正林真之
 第八回 組織論の初歩(バランスの問題)

随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島 信
 第64回 政権交代が民主主義への幻滅を深める日本。西欧型民主主義を
     排斥する中国経済が順調である皮肉

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、ナサニエル・T・ブロワンド
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、大塚康弘
  ※今号で取り上げた判例はこちら

技術系弁護士によるIT法務戦略
 内田・鮫島法律事務所 高見 憲
 第四回 ソフトウェア及びシステムの特許による保護とその問題点

好評シリーズ
中国ビジネス・ローの最新実務Q&A
黒田法律事務所 萱野純子、金鮮花
第108回 中国の労働契約法(1)
ザ・レジェンダリー・ローヤー
北浜法律事務所・外国法共同事業
佐伯照道氏
 第三回『倒産事件の現場から暴力団を追い出した男。
前例にとらわれない創造的な発想で事件に対処』

本誌の購読をご希望の方コチラ
創刊(2004年8月)号の内容へ 2005年1月号の内容へ 2006年1月号の内容へ 2007年1月号の内容へ 2008年1月号の内容へ 2009年1月号の内容へ 2010年1月号の内容へ
2004年9月号の内容へ 2005年2月号の内容へ 2006年2月号の内容へ 2007年2月号の内容へ 2008年2月号の内容へ 2009年2月号の内容へ 2010年2月号の内容へ
2004年10月号の内容へ 2005年3月号の内容へ 2006年3月号の内容へ 2007年3月号の内容へ 2008年3月号の内容へ 2009年3月号の内容へ 2010年3月号の内容へ
2004年11月号の内容へ 2005年4月号の内容へ 2006年4月号の内容へ 2007年4/5月号の内容へ 2008年4月号の内容へ 2009年4月号の内容へ
2004年12月号の内容へ 2005年5月号の内容へ 2006年5月号の内容へ 2007年6月号の内容へ 2008年5月号の内容へ 2009年5月号の内容へ
2005年6月号の内容へ 2006年6/7月号の内容へ 2007年7月号の内容へ 2008年6月号の内容へ 2009年6月号の内容へ
2005年7月号の内容へ 2006年8月号の内容へ 2007年8月号の内容へ 2008年7月号の内容へ 2009年7月号の内容へ
2005年8月号の内容へ 2006年9月号の内容へ 2007年9月号の内容へ 2008年8月号の内容へ 2009年8月号の内容へ
2005年9月号の内容へ 2006年10月号の内容へ 2007年10月号の内容へ 2008年9月号の内容へ 2009年9月号の内容へ
2005年10月号の内容へ 2006年11月号の内容へ 2007年11月号の内容へ 2008年10月号の内容へ 2009年10月号の内容へ
2005年11/12月号の内容へ 2006年12月号の内容へ 2007年12月号の内容へ 2008年11月号の内容へ 2009年11月号の内容へ
2008年12月号の内容へ 2009年12月号の内容へ