月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2009年 12月号(第 6巻第 12号)
The Lawyers A4変形判 74ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから

12月号の特集記事

(その1)元気出せ浪速のローヤー

訴訟に強い大阪の弁護士の特性を生かしてソフトパワーで大阪を元気に
弁護士法人大江橋法律事務所 国谷史朗

東京のクライアントを大阪に引き寄せる。大阪法曹界の次代を担う弁護士
岡田春夫綜合法律事務所 岡田春夫

オールラウンドプレーヤーの育成で経済不況を乗り切る
弁護士法人北浜法律事務所 児玉実史

東京に根を下ろした大阪老舗事務所。大阪では情報量の少ない中小企業のリーガル支援も
弁護士法人三宅法律事務所 長谷川宅司/磯田光男

大阪型ドメスティック・ローヤーの総合力で競争力を高めろ!
弁護士法人淀屋橋・山上合同 四宮章夫

(インタビュー)「戦う渉外弁士」の異名を持つ女性弁護士が語る。大阪在野司法を元気にする処方箋
苗村法律事務所 苗村博子

(その2)IT武装する法律事務所

■クイン・エマニュエル・アークハート・オリバー&ヘッジス法律事務所の場合
IT先進国アメリカにおけるeディスカバリー時代の訴訟対応

■アンダーソン・毛利・友常法律事務所の場合
成熟するネットワーク社会における法律事務所のIT戦略とは?

■長島・大野・常松法律事務所の場合
IT導入のカギを握るのは利便性の追求と情報管理の徹底

強力連載陣

随想 海外からの遠眼鏡 このおかしな日本の風景
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第37回 
今日本の政権がやるべきは出来るだけ多くのカネを市場に流通
     させ、デフレスパイラルを脱すること

随想 テスティモニー
 桃尾・松尾・難波法律事務所 松尾 眞
 私論 日本リーガルサービス業論(IV)

英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院特認教授/浜辺陽一郎
 第124回 検査権限条項(その3)

随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島 信
 第60回 死んだ者は『御残念(ござんねん)様』で生き残った者は『生
     運(いきうん)様』。堺事件の処罰で生死を分けたが人はいつ
     かは死ぬという現実

中国ビジネス・ローの最新実務Q&A
 黒田法律事務所 萱野純子、藤田大樹
 第104回 外商投資企業の解散清算(6)

特許事務所経営学
 正林国際特許商標事務所 正林真之
 第四回 特許事務所におけるマネジメントの秘訣(2)

好評シリーズ
CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、ウイリアム・J・マクナマラ
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、高柳司郎
  ※今号で取り上げた判例はこちら
* 表紙の人 *
苗村法律事務所 苗村博子氏

本誌の購読をご希望の方コチラ
創刊(2004年8月)号の内容へ 2005年1月号の内容へ 2006年1月号の内容へ 2007年1月号の内容へ 2008年1月号の内容へ 2009年1月号の内容へ
2004年9月号の内容へ 2005年2月号の内容へ 2006年2月号の内容へ 2007年2月号の内容へ 2008年2月号の内容へ 2009年2月号の内容へ
2004年10月号の内容へ 2005年3月号の内容へ 2006年3月号の内容へ 2007年3月号の内容へ 2008年3月号の内容へ 2009年3月号の内容へ
2004年11月号の内容へ 2005年4月号の内容へ 2006年4月号の内容へ 2007年4/5月号の内容へ 2008年4月号の内容へ 2009年4月号の内容へ
2004年12月号の内容へ 2005年5月号の内容へ 2006年5月号の内容へ 2007年6月号の内容へ 2008年5月号の内容へ 2009年5月号の内容へ
2005年6月号の内容へ 2006年6/7月号の内容へ 2007年7月号の内容へ 2008年6月号の内容へ 2009年6月号の内容へ
2005年7月号の内容へ 2006年8月号の内容へ 2007年8月号の内容へ 2008年7月号の内容へ 2009年7月号の内容へ
2005年8月号の内容へ 2006年9月号の内容へ 2007年9月号の内容へ 2008年8月号の内容へ 2009年8月号の内容へ
2005年9月号の内容へ 2006年10月号の内容へ 2007年10月号の内容へ 2008年9月号の内容へ 2009年9月号の内容へ
2005年10月号の内容へ 2006年11月号の内容へ 2007年11月号の内容へ 2008年10月号の内容へ 2009年10月号の内容へ
2005年11/12月号の内容へ 2006年12月号の内容へ 2007年12月号の内容へ 2008年11月号の内容へ 2009年11月号の内容へ
2008年12月号の内容へ