月刊 ザ・ローヤーズ掲載記事内容

2009年 5月号(第 6巻第 5号)
The Lawyers A4変形判 78ページ 定価(本体950円+税)

購読のお申込みコチラから

5月号の特集記事

ベスト・ローヤーズ・イン・ジャパン

アメリカで発行予定の「Best Lawyers International」の日本セクションの調査結果

27の専門分野における176の法律事務所の延べ約550人の弁護士を28頁にわたりリストアップ

【囲み記事】
調査結果やカテゴリ分けについてはもっと考慮・工夫の余地が 長島・大野・常松法律事務所 原 壽

国際的に認められる弁護士の条件 日比谷パーク法律事務所 久保利英明

新たなアイデアの創出とチャレンジする意欲が弁護士の国際的評価に
TMI総合法律事務所 田中克郎

国際的なコネクションを駆使して、クロスボーダー案件に対応 森・濱田松本法律事務所 内田晴康

クライアントが指名してくる日本の弁護士。大手事務所から選ばれることが多いが、中規模でも優秀な弁護士が
シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット デイビッド・スナイダー

シリーズ「知財冬の時代 挑戦する特許事務所」

久遠特許事務所 奥山尚一/笹島富二雄
秀和特許事務所 遠山 勉
河野特許事務所 河野英仁
プライムワークス国際特許事務所 森下賢樹

特別インタビュー

現役の弁護士業をこなしながら「博士号」を取得した末啓一郎弁護士に聞く

強力連載陣

米国ビジネス・ロー論文解説
 ブレークモア法律事務所 家守昭光
 第31回 ゴーショップ条項(その1)


中国ビジネス・ローの最新実務Q&A
 黒田法律事務所 萱野純子、藤田大樹
 第98回 中国の倒産法(12)


随想 海外からの遠眼鏡 このおかしな日本の風景
 在米ジャーナリスト 山川はじめ
 第31回 
名誉毀損の賠償金の「高額化」は本当に問題か。メディアは国
     民が欲しているのは「真実を知る権利」と知るべし


随筆 パワー・オブ・アトーニー
 弁護士 牛島 信
 第54回 
『断腸亭の経済学』で読み解く「私」のこれから
     吉野俊彦氏が教えてくれた是清、そして荷風の昭和史

英文国際取引契約レビュー入門講座
 青山学院大学法科大学院特認教授/浜辺陽一郎
 第118回 秘密保持条項(その6)禁止事項と付随的作為義務

ローヤーがすすめる私の三ツ星レストラン
 東京會舘 ユニオンクラブ
 協和特許法律事務所 吉武賢次氏

オフタイム
 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 角山一俊氏
 バイクの王様1600CCハーレーのエンジン音に魅せられ
 気ままなソロツーリング

CAFC(連邦巡回控訴裁判所)最新判決ウォッチング
 ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所
 クリストファー・E・チャルセン、クリス・ホルム、サミール・ボラ
 協力:大塚国際特許事務所/大塚康徳、高柳司郎
  ※今号で取り上げた判例はこちら

好評シリーズ

随想 テスティモニー
桃尾・松尾・難波法律事務所 松尾 眞
私論 日本リーガルサービス業論(I)

本誌の購読をご希望の方コチラ
創刊(2004年8月)号の内容へ 2005年1月号の内容へ 2006年1月号の内容へ 2007年1月号の内容へ 2008年1月号の内容へ 2009年1月号の内容へ
2004年9月号の内容へ 2005年2月号の内容へ 2006年2月号の内容へ 2007年2月号の内容へ 2008年2月号の内容へ 2009年2月号の内容へ
2004年10月号の内容へ 2005年3月号の内容へ 2006年3月号の内容へ 2007年3月号の内容へ 2008年3月号の内容へ 2009年3月号の内容へ
2004年11月号の内容へ 2005年4月号の内容へ 2006年4月号の内容へ 2007年4/5月号の内容へ 2008年4月号の内容へ 2009年4月号の内容へ
2004年12月号の内容へ 2005年5月号の内容へ 2006年5月号の内容へ 2007年6月号の内容へ 2008年5月号の内容へ
2005年6月号の内容へ 2006年6/7月号の内容へ 2007年7月号の内容へ 2008年6月号の内容へ
2005年7月号の内容へ 2006年8月号の内容へ 2007年8月号の内容へ 2008年7月号の内容へ
2005年8月号の内容へ 2006年9月号の内容へ 2007年9月号の内容へ 2008年8月号の内容へ
2005年9月号の内容へ 2006年10月号の内容へ 2007年10月号の内容へ 2008年9月号の内容へ
2005年10月号の内容へ 2006年11月号の内容へ 2007年11月号の内容へ 2008年10月号の内容へ
2005年11/12月号の内容へ 2006年12月号の内容へ 2007年12月号の内容へ 2008年11月号の内容へ
2008年12月号の内容へ