毎月最新の米国特許・商標侵害訴訟重要判例を日米の専門家が解析

ニューヨーク州弁護士 クリストファー・E・チャルセン(ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所)
 弁理士 大塚康徳監修(大塚国際特許事務所)

     
月刊ザ・ローヤーズ掲載月別 判例内容

各号をクリックするとその他の掲載記事が確認できます

2010年12月号
Teva Pharmaceuticals USA, Inc.対Eisai Co.事件-No. 2009-1593, (Fed. Cir. Oct. 6, 2010)
Fujitsu Ltd. Et al.対Netgear Inc.事件-No. 2010-1045 (Fed. Cir. Sep.20, 2010)
Tri-Star Electronics Int'l.対Preci-Dip Durtal SA事件-No. 2009-1337, Sep. 9, 2010

2010年11月号
Funai Electric Company, Ltd.対Daewoo Electronics Corp. et al.事件-No. 2009-1225, -1244 (Fed. Cir. Sep. 1, 2010)
Princo Corp. 対International Trade Commission事件-No. 2007-1836 (Fed. Cir. Aug. 30, 2010)
Stauffer対Brooks Brothers, Inc.事件-No. 2009-1428, -1430, -1453 (Fed. Cir. Aug. 31, 2010)

2010年10月号
Golden Hour Data Systems, Inc.対emsCharts, Inc. and Softtech, LLC事件-No. 2009-1306-1396, Aug. 9, 2010
 発行日を示す日付情報が付与されていない文献をIDS手続で提出されなかった場合の法律上の効果について
・Sun Pharmaceutical Indus., Ltd.対Eli Lilly and Co事件-No. 2010-1105 (Fed. Cir. July 28, 2010)
 先願と後願のクレームおよび明細書がともに同一の発明を記載している場合における自明型二重特許の判断手法
・Gregory w. Baran対Medical device Technologies, Inc.事件-No. 2010-1058 (Fed. Cir. Aug. 12, 2010)
特許発明の技術的範囲が明細書に開示されたすべての発明を包含しないと判断された事件

2010年9月号
Bilski対Kappos事件-No. 08-964 , (U.S. June 28, 2010)
 ビジネス方法の発明成立性に関する最高裁判決
・In re Zimmer Holdings, Inc.-No. 2010-M938 (Fed. Cir. June 24, 2010)
 裁判地の選択と移送の条件
・Giacomini事件-No. 2009-1400 (Fed. Cir. July 7, 2010)
 米国特許法第102条(e)が適用される先行技術の範囲

2010年8月号
Pequignot対Solo Cup Company事件-No. 2009-1547 (June 10, 2010)
 製品に対する虚偽表示について判断した事件
Orion IP, LLC対Hyundai Motor America事件-No. 2009-1130 (May 17, 2010)
 カタログに記載された発明に基づいて特許の有効性を判断した事件
Haemonetics Corp.対Baxter Healthcare Corp., Fenwal, Inc. 事件-(No. 2009-1557, June 2, 2010)
 プリアンブルにおける用語の定義に基づきクレーム本文を解釈した事件

2010年7月号
Avid Identification Systems, Inc.対Crystal Import Corp.事件-No. 2009-1216, -1254 (April 27, 2010)
 出願前の発明の実施に関する情報を故意に隠蔽した場合の、特許の有効性を取り扱った事件
・ALZA Corp.対Andrx Pharmaceuticals, LLC事件-No. 2009-1350, (April 26, 2010)
 明細書の記載内容が実施可能要件を満足するか否かを判断した事件
・Anascape, Ltd.対 Nintendo of America Inc.事件-No. 2008-1500 (April 13, 2010)
 一部継続出願が親出願の出願日の利益を享受するために親出願の開示要件を判断した事件

2010年6月号
Ariad Pharmaceuticals, Inc.対Eli Lilly & Co.事件-No. 2008-1248 (March 22, 2010)
 米国特許法第112条第1パラグラフは実施可能要件と記述要件(サポート要件)とを分離して規定しているか否か。
・SiRF Technology, Inc対 International Trade Commission事件-No. 2009-1262 (April 12, 2010)
 職務発明に係る特許を受ける権利の譲渡契約が特許権侵害訴訟における原告適格に及ぼす影響と、方法クレームに対するBiliski判例の適用について
・MBO Laboratories, Inc. 対 Becton, Dickinson & Co.事件-No. 2008-1288 (Apr. 12, 2010)
 再発行特許における取戻し禁止規定を再発行特許に関連する一連のパテントファミリーの審査経過に広げて解釈した事件

2010年5月号
Koninklijke Philips Electronics N.V.対Cardiac Science Operating Co.事件 -No. 09-1241 (Fed. Cir. Jan. 5, 2010)
 インターフェアレンスにおけるサポート要件の判断基準
・Therasense, Inc.対 Becton, Dickinson & Co.事件 -Nos. 08-1511, -1512, -1513, -1514, -1595 (Fed. Cir. Jan. 25, 2010)
 対応外国出願で行った米国出願と矛盾する主張はフロードになりえる
・SEB S.A.対Mongtgomery Ward & Co., Inc.事件-2009-1099, -1108, -1119 (Feb. 5, 2010)
 海外から米国国内へ侵害品を販売する行為が侵害教唆になりえる

2010年4月号
任天堂事件-Misc. No. 914 (Fed. Cir. December 17, 2009)
 テキサス州東部地裁からの裁判地の移管が認められるか否かを判断した事件
・i4i Ltd. Partnership対 Microsoft Corp.事件-No. 2009-1504 (Fed.Cir. December 22, 2009)
 自明性に関する評決前申立ての提出の重要性に焦点を当てた事件
・Wyeth & Elan PharmaInt'l Ltd.対 Kappos事件-No. 2009-1120 (Fed.Cir. January 7, 2010)
 審査手続きの遅延を調整する場合の、調整日数の計算方法を判断した事件

2010年3月号
Perfect Web Technologies, Inc.対InfoUSA, Inc.事件-No. 2009-1105 (Fed. Cir. December 2, 2009)
 先行技術文献や専門家の証言に依拠することなく自明性を否定できる事例について
・Hewlett Packard Co.対Acceleron LLC.事件-No. 2009-1283 (Fed.Cir. December 4, 2009)
 特許に関する確認の訴えを提起できる要件である法律上の争いの有無について
・Intellectual Science and Tech., Inc.対Sony Electronics, Inc.事件-No. 2009-1142 (Fed. Cir. December 15, 2009)
 ミーンズ・プラス・ファンクションクレームの解釈における専門家の証言について

2010年2月号
Iovate Health Sciences, Inc.対Bio-Engineered Supplements & Nutrition, Inc.事件-(No. 2009-1018, Fed. Cir. November 19, 2009)
 102条(b)の刊行物の要件
・Imation Corp. 対 Koninklijke Philips Electronics N.V. et al. 事件-(Nos. 2008-1208, -1209, Fed. Cir. November 3, 2009)
 ライセンス契約内容と新たな組織に対するその適用の是非
・Colida対 Nokia, Inc.事件-(No. 2009-1326, Fed. Cir. October 6, 2009)
 意匠権の権利範囲の基準

2010年1月号
Lister事件-No. 2009-1060 Fed. Cir. September 22, 2009
 特許法第102条(b)に基づく先行引例の認定基準について取り扱った事件
・Kara Tech. Inc.対 Stamps.Com, Inc.事件-Nos. 2009-1027, 2009-1028 (Fed. Cir. September 24, 2009)
 侵害訴訟でのクレーム解釈における内部証拠の重要性を強調した事件
・318特許侵害訴訟-Nos. 2008-1594, 2009-1070 (Fed. Cir. September 25, 2009)
 薬品を使用した病気の治療方法の出願に関し、明細書の実施可能要件を取り扱った事件