毎月最新の米国特許・商標侵害訴訟重要判例を日米の専門家が解析

ニューヨーク州弁護士 クリストファー・E・チャルセン(ミルバンク・ツィード・ハドリー&マックロイ法律事務所)
 弁理士 大塚康徳監修(大塚国際特許事務所)

     
月刊ザ・ローヤーズ掲載月別 判例内容

各号をクリックするとその他の掲載記事が確認できます

2008年12月号
The Campbell Pet Company 対Theresa Miale and Ty-Lift Enterprises 事件-No. 2008-1109, (Fed. Cir. Sept. 18, 2008)
 確認訴訟における人的管轄権の基準を明確化した事件
・Aristocrat Technologies Augstralia Pty, Ltd and Aristocrat Technologies,Inc.対 International Game Technology and IGT 事件-No. 2008-1016 (Fed. Cir. September 22, 2008)
 不当な出願復活の主張が、侵害訴訟における特許無効の抗弁として機能しうるかどうかを扱った事件
・ExcelStor Technology, Inc., et al.対Papst Licensing GMBH & Co. KG 事件-No. 2008-1140, (Fed. Cir. Sept. 16, 2008)
 特許権に関連する確認訴訟の連邦問題の管轄権と、申立の争点の特許法との関連性を扱った事件

2008年11月号
Prasco, LLC 対Medicis Pharm. Corp. 事件-No. 2007-1524 (Fed. Cir. Aug.15, 2008)
 非侵害等の確認訴訟を提起するための要件について
・Cooper Techs. 対Dudas事件-No. 2008-1130, (Fed. Cir. Aug. 19, 2008)
 当事者系再審査において争うことができる範囲について
・オメプラゾール特許訴訟-No. 2007-1414, -1416, -1458, -1459 (Fed.Cir. Aug.20, 2008)
 特許権の存続期間満了後において訴訟を提起するための条件について

2008年10月号
Muniauction, Inc. 対Thomson Corp.事件-No. 2008-1021 (Fed. Cir. July 9, 2008)
 共同侵害の成立要件と自明性判断における二次的考察
・Roche Palo Alto LLC 対 Apotex Inc.事件-No. 2008-1021 (Fed. Cir. July 9, 2008)
 逆均等論の要件と同一訴因による複数訴訟の禁止
・Bd. of Regents of the Univ. of Tex. Sys. 対BENQ America Corp.事件-No. 2007-1388(Fed. Cir. July 24, 2008)
 クレーム中の文言の定義の重要性

2008年9月号
Cat Tech LLC 対TubeMaster, Inc 事件-No. 2007-1443 (Fed. Cir. May 28, 2008)
 地方裁判所
が確認訴訟を扱うための要件を判示した事件
・Helmsderfer 対 Bobrick Washroom Equip., Inc.事件-No. 2008-1027 (Fed. Cir. June 4, 2008)
 明細書中で定義されていないクレーム文言を解釈するために、辞書中の定義を参照した事件
・Burandt 対 Dudas 事件-No. 2007-1504 (Fed. Cir. June 10, 2008)
 維持年金の不払いにより失効した特許権の回復に関する事件

2008年8月号
・Aventis v. Amphastar Pharmaceuticals and Teva事件-No. 2007-1280 (Fed. Cir. May 14, 2008)
 特許出願手続きにおける不公正な行為が認定された事件
・Mangosoft 対Oracle 事件-No. 2007-1250 (Fed. Cir. May 14, 2008)
 クレーム解釈の基本ルールを確認した事件
・E.I. du Pont 対MacDermid Printing 事件-No. 2007-1568 (Fed. Cir. May 14, 2008)
 仮出願による優先日の利益を享受するための法律上の要件

2008年7月号
・Zenith Electronics 対PDI Communications 事件-No. 2008 WL 1734195 (Fed. Cir. April 16, 2008)
 黙示のライセンスが認められるための基準が示された事件
・Litecubes 対Northern Light Productions (GlowProducts) 事件-No. 2008 WL 1848659 (Fed.Cir. April 28, 2008)
 FOB輸入における輸出者に対する事物管轄権
・PSN Illinois, LLC 対Ivoclar Vivadent, Inc. 事件-No. 2008 WL 1946550 (Fed. Cir. May 6, 2008)
 細書中の記載とクレームの解釈

2008年6月号
・Amgen, Inc. 対International Trade Commission 事件-No. 2007-1014, 2008 WL 724242 (Fed. Cir. March 19, 2008)
 第271条(e)(1)のセーフ・ハーバーの規定が適用される範囲が示された事件
・Ortho-McNeil Pharmaceutical, Inc. 対Mylan Labs., Inc. 事件-No. 2007-1223, 2008 WL 834402 (Fed.Cir. March 31, 2008)
 自明性に関するKSR最高裁判例が適用される範囲が示された事件
・Caraco Pharmaceutical Laboratories, Ltd. 対Forest Laboratories, Inc.事件-No. 2007-1404, 2008 WL 850330 (Fed. Cir. April 1, 2008)
 事実上の損害には非侵害製品の自由な開発が制限されることも含まれるか否かが争われた事件

2008年5月号
・Micron Technology, Inc. 対MOSAID Technologies, Inc.,事件-No. 2007-1080 (Fed. Cir. February 29, 2008)
 確認訴訟とそれを受けた侵害訴訟との裁判管轄が異なる場合に、両者を併合するか否か判断した事件
・DDB Technologies, L.L.C.対MLB Advanced Media, L.P.,事件-No. 2007-1211 (Fed. Cir. February 13, 2008)
 管轄問題に関するディスカバリの機会を原告に認めなければならない場合を、判断した事件
・International Rectifier Corporation対IXYS Corporation,事件-No. 2007-1063, 2007-1141, 2007-1165  (Fed. Cir. February 11, 2008)
 クレームの補正方法と、禁反言による均等論の適用排除の関係を扱った事件

2008年4月号
・Sinorgchem Co., Shandong対ITC & Flexsys America L.P., Inc.事件(No. 2006-1633 (Fed. Cir. Dec. 21, 2007)511 F.3d 1132 (Fed. Cir. 2007))
 クレームの文言解釈において、明細書中の定義記載を優先させた事件
・Innogenetics, N.V. 対Abbott Laboratories事件(No. 2007-1145 (Fed. Cir. Jan. 17, 2008)512 F.3d 1363 (Fed. Cir. 2008))
 クレーム中の単語の意味の解釈に関する事件
・Monsanto Co.対Bayer Bioscience N.V.事件(No. 2007-1109 (Fed. Cir. Jan. 25, 2008))
 内部メモであっても、米国特許庁へ開示しなければ不公正行為と認定される場合があることが示された事件

2008年3月号
Digeo, Inc. 対 Audible, Inc. 事件(No. 505 F.3d 1362 (Fed. Cir. 2007))
 米国特許法第285条に基づく弁護士費用に関する申し立てが認められる基準が示された事件
Stumbo 対 Eastman Outdoors, Inc. 事件(508 F.3d 1358 (Fed. Cir. 2007))
 明細書において明確に定義されていないクレーム構成要素の文言解釈について
・Hyperphrase Techs., LLC 対 Google, Inc. 事件(Nos. 2007-1125, 2007-1176, 2007 WL 4509047 (Fed. Cir. Dec. 26, 2007))
 明細書または審査経過において明確に定義されていない文言には通常の意味が適用されることについて

2008年2月号
・Apotex 対 Merck & Co., Inc事件(No. 2006-1405, Fed.Cir. November 16, 2007)
 連邦民事訴訟規則第60条(b)3に基づくフロードを理由とした先の判決の取消の要件に関する事件
・Canon, Inc.対GCC Inter-national Limited事件(No. 2006-1615 (Fed.Cir. November 16, 2007))
 特許事件において暫定的差止命令が認められるための基準が示された事件
・Z4 Technologies, Inc. 対Microsoft Corporation事件(No. 2006-1638, Fed. Cir. November 16, 2007/12/27)
 新規性欠如による特許無効の主張における発明の実施化の立証要件を扱った事件

2008年1月号
・U.S. Philips Corp. 対Iwasaki Electric Co., Ltd.事件(No. 2007-1117 (Fed. Cir. November 2, 2007))
 損害額に関する侵害者への警告の要件と数値限定特許への均等論の適用
・Paice LLC対Toyota Motor Corp., et al.事件(No. 2006-1610, -1631, (Fed. Cir. October 18, 2007))
 裁判所が差止請求に代えて強制的実施権を認めることの可否
・Biomedical Patent Management Corp.対State of California, Department of Health Services事件(No. 2006-1515, (Fed. Cir. October 23, 2007))
 合衆国憲法修正第11条による免責特権の特許事件での適用